教育内容

当学園では、開園以来、基本的生活習慣とりわけ「躾(しつけ)」を幼児教育の基本としてきました。「三つ子の魂百まで」といわれるように、この時期に身についた全てがその人間の一生に大きな影響を及ぼします。
「人は教育によってのみ人間となる」と言われ、人間教育のスタートが「躾」であり、躾=人間としての軌道に乗せることを意味します。
『躾の三つの基本』と『立腰(腰骨を立てる=姿勢を正す)』を活動の基本として、活動のあいだに毎日少しずつ繰り返し指導して行きます。

◎躾の三つの基本
1. すすんで挨拶のできる子 → 明るい子・積極性のある子を育てる
2. 返事はハイとはっきり短く → 素直な子・話を聞く子を育てる
3. 靴を揃え、椅子を入れる子 → けじめのある子・後片付けのできる子

◎立腰{腰骨を立てる=姿勢を正す) → 集中力のある子を育てる
立腰による椅子の座り方にもこの様な思いが込められています。
1. 背中を丸めないで腰骨を伸ばして座る → 胸をはって堂々と、すくすくと真っ直ぐ伸びていってほしい。
2. 背もたれに寄りかからないで腰掛ける → 他をあてにしないで、自律して生きていく人になってほしい。
3. 足の裏を全部床につける(足をぶらぶらしない) → 地にしっかりと足をつけて生きていって欲しい。

これらを保育活動の基本として、生活全般の中での挨拶、後片付け、けじめ等の基本的生活習慣や姿勢正しく話しを聞ける態度と心を少しずつ身につけるよう指導して行きます。
「物が揃うと心が揃う」「姿勢がよくなると心がよくなる」「お話は、目を見て、心で聞きましょう」・・・この様な声がけを真剣なまなざしで受け止める子どもになります。

具体的な内容は、下記各項目からご覧ください。
設定の保育YY保育国語(しつけ)英語音楽体育園外保育課外授業