幼稚園ニュース

やればできる!の成果

さて、昨日つどーむで札幌大蔵学園の年長組400人弱の園児が集まり、開催された『YY交流会』。
行なった内容は、50m走記録会と園対抗リレーでした。

 全員の記録が終了した後、いよいよ園対抗リレーになりました。代表のメンバーの参加ではありましたが、参加しないメンバーも応援席につき、声を大きく張り上げ応援してくれてました。またリレーメンバーは体を温め、スタートしました。

 2回ゲームを行い、見事2回ともに1位となり、優勝のトロフィーと賞状を持ち帰ることができました。練習は8月下旬から開始し、ホールや階段・天気の良い日には園庭で練習を積み重ね、ある程度足を鍛えた後は北郷小学校のグラウンドの練習を開始。バトンの受け渡しやリレーの順番を覚え、本番に向け着々と力をつけていった子供たち。本番では、緊張しながらも練習の成果を見せ、堂々たる1位となりました。表情も、自信に満ち溢れ、前に走る他の幼稚園の園児を抜かそうとする様子や、周囲を探る様子などは一流のアスリートでした。そして、友達と協力して成し遂げる心の力が強くなり、一人ひとりでは自分で練習する力(公園や家の中での練習)や、ゼッケンを使用したことでリボン結びができるようになったりと、リレーを通してたくさんのことを身につけたと思います。

 また、9月19日小学校での練習の際に、四つ葉🍀のクローバーを見つけ『良いことあるかな?』と見つけた子供たちとそんな話をしていて、こんなに素晴らしいことがあり、一緒に喜び合うことができました

 終了後、グラウンドをお借りした小学校へ3名の園児(その小学校へ進学予定)とともにお礼を言いに行きましたところ、まさかの校長室へ案内されました・・・園児はもちろんですが、一緒に行った職員も緊張した様子でしたが、緊張しながらも園児たちは立派に結果を報告。さらに、持参した賞状とトロフィーを校長先生と教頭先生にもしっかり見せることができました。
 
 本番までに、年長全員が一体となり練習し、ご家庭においても体調管理も含め励ましの声や一緒に練習に取り組んでいただいた保護者の皆さまと共に掴んだトロフィーになります。この1年のスタート時から『やれば出来る!!』を合言葉に保育に取り組んでおりますが、まさにその言葉を実感し、実現できた結果となりました。このことを大切に、次のステップへスタートしていきたいと思います。