幼稚園ニュース

『園庭の梨の木の花が咲いています!』

 当園の園庭には、60年以上前からある梨の木があります。大蔵学園の歴史をずっと見守ってくれている、大事な梨の木です。
一昨年の改築の際も、抜くことなく、新しい創成のスタートを応援してくれていました。その梨の木に、今年もきれいな白い花が満開になりました。毎年、秋には大きな実をつけてくれている梨の木・・・今年も収穫の秋がとても楽しみです。

 その梨の木の周りには花が植えられる花壇あり、GW明けには、枝豆、ミニトマト、苺の他に、マリーゴールド、ペチュニアなどのきれいな花を植えました。年長組の子どもたちも植えるのを手伝ってくれて、その後は毎日水をあげてくれています。
これからは、年中さんや年少さんにも水やりを手伝ってもらう予定です。1,2歳の小さなお友達も、天気のいい日に外遊びをしながら花壇をのぞきこんでお花の様子を見ているほほえましい姿が見られます。

 これから、梨や野菜の成長を楽しみに、そしてきれいなお花を見て癒される・・・そんな気持ちの良い創成札幌こども園の春の出来事でした。