幼稚園ニュース

 本園における新型コロナウイルス感染拡大防止のための取組と留意点について

   令和3年4月23日

保護者の皆様へ

幼保連携型認定こども園

北 郷 札 幌 幼 稚 園

                      園 長  星 野 正 彦

 本園における新型コロナウイルス感染拡大防止のための取組と留意点について

 

全国的に新型コロナウイルス感染症の拡大が進んでおり、本市においても感染者が増えつつあり、油断できない状況が続いております。

本園では、再度、全職員で下記について再確認をして、引き続き感染予防対策を講じて参りますので、保護者の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

1 幼稚園内での感染対策の取組について

ア、 正面玄関のドアノブに抗菌テープを貼りました。

イ、 自動センサー検温器を設置しました。

ウ 、行事の際は、社会的距離(ソーシャルディスタンス)の確保に心掛けています。

    また、園内では常時ロスナイ換気を行なっています。

エ 、保育室は、毎日の掃除の際に、担任がドアノブ、机、椅子などできる範囲で、

    消毒を行っています。また、定期的に消毒噴霧器による消毒を行っています。

2 引き続きご家庭にお願いしたいこと

ア 、お子様の朝の検温とマスクの着用をお願いします。(3歳児以上)

イ 、マスクが濡れたり、汚したりした時のために、予備のマスクを持たせてください。

ウ 、発熱や風邪の症状がある時は、無理をせずにお休みさせてください。

3 保護者様の行事参加について

ア、 感染防止のため、参観日などの行事の際は、保護者1名迄の参加とさせていただきます。

イ 、保護者様の玄関での検温とマスクの着用、手指の消毒をお願いします。

ウ 、園内は、換気をしておりますので、ご来園の際は、気温に合った服装でお越しください。

4 園児について

ア、 マスクは、バスの中や保育中も外さないように指導していきます。ただし、体育、ピアニカなど活動内容によ っては外す場合もあります。

イ 、玄関では、毎朝、職員が全員の検温と手の消毒を行います。

 ≪保育にあたってのガイドライン≫

  コロナウイルス感染拡大防止については、下記のことに気を付けながら保育を進めていきますが、これ以外でも注意すべき点があれば、その都度全職員で確認をして、より効果的な方策を講じてまいります。

なお、集団の中での感染について不安を感じるご家庭もあるかと思いますので、欠席を希望される方は、園までご相談ください。

 記

1  言  葉         

・ことわざや俳句は先生が読み、小さい声で行うよう指導する

2  朝の会       

・出欠調べの返事は小さい声で行うようにし、当番活動も声を出すところは配慮して行う

3  漢字指導      

・カード等を全体で読む場合は、小さな声で行うよう声掛けし、本読みは先生が中心となって行う。指さしは普段通りしっかりと行う

4  ピアニカ   

・ピアニカ指導の流れについては、動作の徹底を行ない進めていく

・歌口は終了後、しっかりとハンカチで拭く

・ピアニカは、前年度と同様に毎週持ち帰ります

 5  本読み(年長) 

・読書…小さい声で行なうよう声掛けをして、先生の前で声出し、チェックを行う

 6  サイバードリーム 

・数名ずつ声を出して行う(できるだけ小さな声で)

 7  体  操        

・換気をしながら行なう

・間隔をあけて体操をす

・柔軟などで数を数えるのは先生のみで行う

・終わった後は、うがい、手洗い、消毒を行う

 ・コスモの指導に従い行う

8  給食            

 ・机の配置は、間隔をあけて食べる

・配膳は先生のみで行い、子ども達が配膳の手伝いはしない

9  自由遊び          

・密集しないように注意を促す

 ・遊んだ後は、手洗い、うがい、消毒を行なう

10  その他         

・マスク着用のお願いや、換気・消毒、空間除菌をこまめに行う

・毎日の手拭きタオルを持ち帰らせる

・保育中は、ロスナイ換気又は空気清浄機を作動させる