働く先生の声

着任して1ヶ月半。子どもたち一人ひとりと向き合っていきたい。

西野札幌幼稚園
齋藤 あすか 先生
(2019年4月 着任) 北海道札幌西陵高等学校/光塩学園女子短期大学 卒

齋藤 あすか 先生の1日

8:00
出勤
朝礼を行い1日のスタート
9:00
バス添乗
園児のお迎えでバス添乗
10:00
メイン活動
クラス活動で制作・体操・音楽など
12:00
給食
園児と一緒に昼食
13:30
帰りの会
園児たちとハイタッチでさようなら
16:00
ミーティング
1日のできごとを報告・情報共有
16:15
翌日の準備
部屋の片づけ・準備万端!
17:00
退勤
変形労働制のため、18時になることも

齋藤 あすか 先生からのメッセージ

先輩先生は話しやすく、働きやすい職場です。
実習の時にも感じましたが、職場の雰囲気はとても良く、働きやすい職場です。どの先生も話しやすく、優しく指導してくれます。この園に決めて良かったと思うところは、漢字保育やYY体操など、自分のやりたかった教育カリキュラムがしっかりとあることです。担任を受け持ったばかりなので、1日でも早く子供たちと強い信頼関係を築いていきたいと考えています。
年中さんの担任として
子供たちの状態は、一人ひとり毎日違うので、それに伴った関わり方が大事だなと感じています。年中さんは、私より先に幼稚園生活を経験していますので、子供たちから教わることもあります。最初は人見知りをしていた子供たちが徐々に打ち解けて、自分から話しかけてくれるようになり、楽しい話もたくさんできるようになってきました。
休日の過ごし方は?
短大時代は友達とよく遊びに行きましたが、今はそのような余裕はなく、たまに友人と会っても情報交換するくらいでしょうか。1年目は、覚えることがたくさんありますので毎日クタクタになります。休みの日は、家でゆっくり休むことを優先しています。